LYRIC ひとり

ひとり

孤独感は晴れない
少しだけなら信じれそう
時間だけは流れて
立ち止まってまた明日

君が目の前にいるのに 僕は今もひとりぼっち
ありのままで生きられたら それだけでいいのに

僕が何を思ってるかなんて 誰にだって分からないさ
だってさ 僕にだって分からないんだよ?

君を好きだと思った瞬間に 何かが壊れ始めてる
僕の中の理で 心は絶世に狂うけど

ひとり なんて 朝焼けに
繋ぎ合って 笑っていたい
でも、いつだってほらひとりぼっち 心とは裏腹に

思いながら 思いながら 思いながら
おやすみ

汚れてるのがよく分かる 鏡が目の前にある
その目が何を見てきたの? 悲しげな目をしてるね

ひとり なんて 朝焼けに
濁った目 開いた
いつだってほら笑えるよ
でもいつだってほら ひとりぼっち

思いながら 思いながら 思いながら
思いながら 思いながら 思いながら
おやすみ