3ピースバンド。 佐伯

最近、自分の中で3ピースバンドが熱い。
必要最低限(一般的なバンド形態として)の編成で、少ない音数の中どれだけ分厚い音を鳴らせるか、すき間を敢えて作り他を際立たせたり、3ピースバンドにしか無いカッコよさがあると思う。

僕らは、3ピースバンドを目指して今の形態になった訳では無い。音楽を、より聴いてくれる人に届けられる様にドラムを増やした。
だけど、自分がその3ピースをやってみると、この編成のカッコよさをとても感じる。

人数や楽器が多ければカッコ良くて世界観が壮大な訳では無いと思う。
あんまり多くても個が、埋もれちゃうしね。
バンドの音楽は、誰かが目立つんじゃなくて、みんながカッコよくてみんなが輝ける音楽が良いなと思います。

image1.JPGiPhoneから送信