大人とゲロッピー 佐伯

どーも、寝袋良かったです。先週はるんるんでした。佐伯です。

けーすけが書く文章は、日本語的におかしかったりする所が多々あるんやけど、ソウルが伝わってくる文章でもあり微笑ましい。独特。

歳を重ねるに連れ、とても優しくあたたかい人が周りに増えている気がする。同時に、自分がダメ過ぎて距離が出来てしまった人もいる。

最近は、人に会うことが多く、たくさんのオトナの方々にあった。GOING STEADYの曲で「DON’T TRUST OVER THIRTY」という曲があったけど、その通りかもしれない、と感じた。オトナは嫌いだ。
一方的に否定するつもりは無いけれど、何だか少しずつ色んなものを背負い込んで、考えが固まっているのかな。と感じたりもした。
凄く感銘を受けた言葉もあったけど、何か違うんじゃ無いか?と思う言葉もあった。

そうやって、違和感を感じてしまう自分も色々と背負い込んで考えが凝り固まっているのかもしれない。オトナに近付いてるのかもしれない。

こうはなりたく無い。そう思ったことは人生で何度かある。そうなら無いよう生きねば。それを嫌うということは、自分もそれになる可能性があるからでしょう。

「僕の体をとっぱらって 君の体を僕にくれ 君の体もとっぱらって行きたいな。」

そういことです。なりたい自分には自分でなりましょう。うい!

あと、最近は酒を飲み過ぎで、寝るために入った慢喫の個室内で、その日飲み歩きした分を全て吐き切った事がありました。
公共の場所でゲロ吐くような人間に、みんなはなっちゃいけないよ!お酒はほどほどにね!ね!

佐伯