師走った日々、今年を振り返って 佐伯

師走ももう終わり、今年が終わりそうですね。師走は、ライブがあり、新ヤングミュージックフェスタがあり、ひとりぼっちのクリスマスがあり、とてもバッタバタでしたねー。でも楽しかった!

実は僕たち、地元の可児市文化創造センターアーラで毎年開催される、「新ヤングミュージックフェスタ」の実行委員をやっており、12月23日にそのイベントが行われたのです。

今回このイベントの実行委員に参加して、本当にたくさんのことが学べました。
良いイベントを作り上げるにはどうしたらいいか?に、正面から向き合い、考えるとても良い機会をもらいました。

それを通して、自分のバンド活動においても、一つ一つのライブに対する意識が変わりました。また、お客さん・スタッフさん・対バンの方々全てを、以前よりも大事に、大切に思えるようになりました。

もっと地元の音楽を、今以上にアツくしたいなぁと思います。

本当に今年の新ヤングミュージックフェスタに参加出来てよかった。見にきてくれたお客さん、出演者の皆さん、実行委員の皆さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。来年はさらにアツいフェスにしたいなと思います!

さてさて、今日は長いこと書いてるなぁ。もう少しお付き合いしてください。

今年、秋にサポートドラムの子と離れることになり、結成初期のようにまた二人になってしまった僕たち。が、しかしそれでもやるんだと悩んだ末、ライブ活動を再開して本当によかった。

今年出会った色んな人に、いっぱい刺激・力をもらい、ちょっとだけ、ほ~~~んのちょっとだけ人間に深みが出たんでないかな。良い出会いばかり出来た一年だったな。今年、僕に関わってくれた人、ありがとうございました。

来年は、活動の場を広げつつ音源を作ります。春までには作りますので、その時は色んな人に聴いてもらいたいなぁと思います。
来年も気張って行きますよ~!

ではでは、長文にお付き合い頂きありがとうございました。目がしぱしぱしたら、良く寝ましょうね。

それではみなさん、よいお年を~!