作成者別アーカイブ: saeki

【ご報告と正規ドラマー募集について】

2016年3月末をもって、約2年間サポートメンバーとして加入した「hiro」のサポートを終了する事になりました。サポートメンバーではありますが、正規メンバーと同等に活動を共にしてくれた「hiro」には感謝の想いでいっぱいです。2ピースバンドとして活動していた僕らに、ドラムを加えたバンドサウンドの面白さや奥深さを教えてくれたのも「hiro」でした。本当にありがとう。
サポート終了の理由として、the Untrueの活動が活発になる中、都合が合わずライブに参加出来ない事が増えた事。また、音楽面で一緒に楽曲制作を行う事が厳しくなったという理由です。「hiro」はサポートの継続を望みましたが、僕らからサポート終了をお願いさせて頂きました。活動を活発化させたのはthe Untrueをたくさんの人に聴いてほしいという想いからでしたが、それを優先し「hiro」の都合に合わせる事はしませんでした。

バンドは生き物ですし、the Untrueは常に生き続けています。そして、人間が三人いれば、三者三様の生活もあります。これからのthe Untrueの活動を続ける為には、正規メンバーとして活動やバンドの想いを全て共有出来る人が必要であると考えました。

必ず今以上に人の胸を打つ、凄まじいバンドになって帰ってきます。必ず。

元々は2ピースバンドとして活動を続ける中、楽曲の表現力を高めるべくサポートドラムを加えました。そのサポートが無くなっただけです。今後は2ピース編成で活動を続けながら、正規ドラマーを探そうと考えています。メンバー募集に関した詳細は後日発表させて頂きます。

そして、改めて「hiro」さん。本当にありがとうございました。色んな所行ったり、美味しいもの食べたり、レコーディングしたり。思い出はたくさんです。2/20のアンコールで一緒にバンザイしたのも、本当に嬉しかったし楽しかった。本当にありがとう。

普通ならば逆境かと思いますが、むしろワクワクしています。音楽はどんな形でもやれるから、やりまくりますね。それでは、また音楽の鳴る場所でお会いしましょう。ではでは。

2016年4月5日 
the Untrue 佐伯 直斗  林 恵輔

旅に出て岐阜に返すもの。 佐伯

今日の午前中は横浜にいて。家系ラーメンの元祖と呼ばれるラーメン屋でお昼を食べて。ぶらぶらサービスエリアで休憩しながら岐阜に帰ってきました。けいすけの車はDVD鑑賞が出来るので、道中はレンタルして来た「めちゃイケ」と「トイストーリー 2」を観ながら高速を走った。久しぶりに見るトイストーリーは、バズとウッディの勇敢さと友を想う気持ちに何度か泣いてしまった。今度「トイストーリー3」を借りてこようと思います。

さて、しばらくブログを書かずにいる間に、ツアーも残すはFINALのみとなりました。早いね。たくさんの人に出会いました。また、会いたいな。と思える人が場所が増えました。どこに行っても、バンドマンは変わった人(褒め言葉。自分も含めて)ばかりで。打ち上げは早く切り上げて帰ろうね。っていつも話し合ってるんだけど、ついつい話し込んでしまう事ばかりで、帰るのが遅くなっちゃったなー。それも何だか微笑ましい。
バンドマンが、何でたった30分のステージの為に何時間も移動時間をかけて、また何時間もかけて家へ帰る。そんな事を続けていられのか分かった気がします。音楽の旅は、その全てがただただ楽しい。それを実感出来た1ヶ月でした。
何箇所か同行してくれた野呂くん(art from jupiter)もホント良い奴で、楽しい時間を過ごせました。野呂君、ありがとね。

残すは2/20(土)で、ツアーファイナルの柳ヶ瀬antsのみ。たくさんの刺激と、たくさんの出会いから培った力を、僕らの故郷、岐阜へ返したいと思います。素晴らしい夜にします。今からワクワクワクワクしますね。
ツアーの集大成です。是非、たくさんの方に観ていただきたいです。チケット予約も受け付けてますので、お気軽にご利用下さいね。

2/20(土)を最高の夜にします。どうぞよろしく。ではでは、お休みなさい。

佐伯

iPhoneから送信

「心が鳴る街の中」初日。 佐伯

今は12月12日2時32分を回ったところ。寒くもなく熱くもなく、暖かい冬の夜、ぼんやりこれを書いています。遅ばれながら今回のツアータイトルが決定しました。ツアータイトルはこちら!!
【the Untrue”希望の灯”レコ発ツアー】
「心が鳴る街の中」

です。”希望の灯”の1曲目 優しい時計の歌詞にこんな詞があります。
「歌いたいあなたの心に届くように」
この歌詞の通り、聴いてくれた人の心に僕らの音楽が鳴り響き届くような、そんなツアーにしたいと思いこのタイトルをつけました。また、僕らの音楽が、聴いてくれた人の心の迷いや葛藤を和らげるような、少しでも前を向く為の「希望」になれたらと思っています。僕らの音楽で、僕らが持っている「希望」という想いをあなたに届けたい。

今日は初日の滋賀でのライブ。
楽しみと不安と葛藤と希望、色んな感情がごちゃ混ぜになってますが全部飲み込んで、素晴らしい音楽を鳴らしたいと思います。
滋賀の皆様。どうぞよろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーー
□12月12日(日)@滋賀 B-FLATB-FLAT presents Sing! Shout! Scream!

出演/
AMPLOUD(大阪)
theUntrue(岐阜)
shellfish(神戸)
NEOS GENERATION
Fasting Kills AMIMADDO

OPEN 17:30 START 18:00
前売り 1500円 当日券 2000円
(入場時別途ドリンク代500円必要)

iPhoneから送信

レコ発ツアーに出ます。今週末はFoot Fes。 佐伯

林に感化されて、可児にある二郎系ラーメン屋「天晴れ」に行ってきました。相当な気合いを入れないと、ラーメンに心を折られそうになる程こってりとしたラーメンでして。食べ終えた時ある種の達成感を覚えました。うーん、これはまた通う事になりそうだなぁ。
さて、SNSなどで告知がありましたが、僕ら遅ばれながらレコ発ツアーに行って参ります。今回のツアーでは、「会いたい人に会いに行く」をテーマに多くの場所を決定しました。初めての場所でも、行きたかった場所をチョイスしています。
そして、サポートのhiroさんが都合つかず叩けない日は、art from jupiterの野呂くんにツアーサポートとして叩いてもらう事になりました。彼は疾走感溢れるカッコ良いドラムで、(勿論バラードも良いんだなぁ。しみじみ。)スタジオワークもhiroさんと良い意味で音が違って面白いです。

ファイナルは柳ヶ瀬ants。ツアー先で、岐阜のバンドとして観てくれた人に何を残せるのか。これは挑戦でもあります。リベンジのハコもあるしね。たくさんの人に僕らの音楽を届けたいと思います。ツアー先で合う皆さん、どうぞよろしくです。
あ、あとね。11/22のツーマンから赤いセミアコースティックギターというのに、ギターを変えたんですが。凄ぶる調子良いです。ちょーカッコ良い音がします。おきに(お気に入り)ですね。新たな相棒とツアー回るのも楽しみです。

そして、もう一つ。
今週末の12/6(日)に岐阜CLUB ROOTSにて、Foot Note Agencyにお招き頂き、”Foot Fes vol.3″に出演します。今年のHOT LINEというオーディションで知り合ったバンドですが、イベントに呼んで頂きとても嬉しいです。そして、この日を持ってFoot Note Agencyが活動停止に入るとも聞いています。好きで活動停止するバンドはそうそういないとは思いますが、彼らの節目のライブになりそうです。イベントがより良いものになるよう、僕らも精一杯演奏します。ご来場されるみなさま、どうぞよろしく。

バンドは生き物だと思ってます。
いきなり輝きが増すし、いきなり輝きが薄れる事もあります。それでも、音楽を鳴らす事が何より楽しくて、バンドが好きでやってるんですよね。
今、僕らは生き物としてギラッギラに輝いてます。これから行われる一本一本のライブを大切に、心を込めて演奏していきますので、どうぞよろしくです。

どうぞ、よろしく。使い過ぎな文章になっちゃったなー。精進精進だねー。そいでは、またね。

佐伯

iPhoneから送信

11月22日。2マンライブに寄せて。 佐伯

最近、人のライブに行く度にCDを買う事が多く、11月だけで7枚くらいCDを買ってしまいました(自分としては多い方。かなり)。Apple Musicとか無料で音楽を聴くサービスも増えてるみたいですね。高校生の頃にあったら、狂ったように聴き漁ってる気がするなぁ。

さて、今週末11/22は我らが地元、美濃加茂市で2マンライブです。対バンの「art from jupiter」は実力派バンドで、2年前に行われた僕らの1st mini albumレコ発ライブにも出演してもらったバンド。とても好きなんですが、ここ数年で音源も制作され更にカッコ良くなっているご様子。本番が楽しみです。

2年前のレコ発ライブ以降、メンバーに会うと「対バンしたいっすねー!レコ発やりましょうよー」みたいな話を良くしてました。ただ、地元のライブハウスもここ数年で無くなったせいで、なかなかその話も実現せず時間は過ぎて行きました。

今年の夏頃、美濃太田駅付近にライブハウスが出来たという噂が耳に入ってきました。偵察に行き、店長さんにハコについて話を聞きに行った帰り道…。「しっかりしたハコだったし、ここならライブがやれるなー。何をしようかなー。」と考えた時、「ハコを借りてart from jupiterと2マンやったら絶対面白い!!」と思いつきました。
そこからはあれやこれやと連絡しあい、この2マンライブの実現が決まったんです。ずっと、対バンしよう!って話をしてたし、どうせやるなら面白い事したい。という、願いも叶いました。もう最高ですね。

久しぶりにart from jupiterのライブ観れるのも楽しみなんですよね。先輩バンドでもあるし、もうね。好きです(笑)。
そして可児出身の「NINE STORY」というメロコアバンドも、オープニングゲストとして出演して下さいます。voの井上さんとはそこそこ仲が良く、こちらも地元でやるなら是非やりたいなぁと思っていた方々でした。井上さん、MCも面白いので楽しみですね。

素晴らしい日になりそうです。来場される方、楽しみにしていて下さいね。

そして、もう一つ余談です。地元でライブやる事について。バンドとしてよりかは、僕個人として思う事を綴ります。

ここ数年で、岐阜県の可茂地域(僕らが住んでる所)のライブハウスが全て閉店し、地元バンドは演奏する場所が無くなってしまいました。若手が盛り上がってきてる頃に閉店が重なったから、僕らのような「これからっ!!」なバンドは場所を無くしてしまい…。僕らは活動拠点を移動し、現在は柳ヶ瀬antsというハコにお世話になる事が多くなっています。
柳ヶ瀬antsは岐阜のカッコいいバンドが集い、競い合っているハコです。僕らもそこへ勝負していきたいし、これからも柳ヶ瀬antsでガンガンライブしていきたいなと思っています。スタッフさん達も、筋が通っていてメチャクチャカッコ良いしね。本当に大好きなハコです。

が、しかし。僕らの生まれ育った地元の音楽を、寂しいままにしておきたくは無いと思っています。
地元の音楽に対して何かしたい想いがあり、今回美濃加茂マルカをお借りしてライブをさせてもらいます。 
自分達の住む街の音楽は賑わっていた方が嬉しいですよね?僕はそう思います。

当日来場された方が、またマルカにライブを観に来たり、はたまた出演者になってライブしに来たり。地元の音楽に、微力ながらも刺激が与えれるような1日になれば良いな。と思っています。

まだまだ当日までチケットの予約やお取り置き承っています。興味のある方は、SNSのメッセージか”info@theuntrue.com”へ、件名に「11/22マルカライブ」「お名前」「ご予約枚数」を記入の上、送信下さい。素晴らしい1日にします。どうぞ、よろしく。

佐伯
iPhoneから送信

味噌煮込みが美味いもんで。 佐伯

佐伯です。

近況です。さっきメガネのレンズを新調してきました。傷が入り過ぎてたので、新品にしたんですが、とても良くみえます。目の良い人は、何もしなくてもこんなに見えてるのか…。凄いなぁ。目の良い人。憧れるわぁ…。

そして、もうひとつ近況。
最近、the Untrue好きです!的な声を掛けられる事がちょこちょこっとらある。それも、真剣に。疑り深い人間なので、普段はあんま信じられないけれど。笑(でも、嬉しいんですよ。ありがとうございます。)
◯◯で観たことあります!とか、デモのCD良く聴いてます!とか。言ってくれたりしてね。自分達のカッコ良いと思う事や、信念は大事にして活動してるんですが、そうやって、誰かの心に残ってるってのはとても嬉しく思います。
それも、友達でも無く、ホントに音楽でのみ出会った方たちが好きだって言ってくれる。自惚れる気は全く無いし、足りない事も多いし、もっと大きな存在になりたいんだけど。そんな声、ひとつひとつを大切に繋いでいきたいなぁと思います。
岐阜のバンドとして、何を残せるか。進みますよ。

地元、美濃加茂でのツーマンライブも決定。あつ〜い日になるので、スンバラシイ演奏をしたい。頑張ります。

先日、可児で食べた味噌煮込みうどんが美味しかったので、秋〜冬にかけて味噌煮込みうどんの美味しい店を探そうと思います。

食と音楽。楽しみます。

裸眼で毎日過ごしたい。 佐伯

最近、ニンニクの入ったものを食べ続けて、朝起きると口臭めっちゃニンニク臭い。でも食べちゃうよね!佐伯です。
自慢じゃないけど、(自慢してもしょうがないが)目がが悪くて、裸眼だと視力が0.03くらいなんですよ。なんっにも見えない。普段はメガネかコンタクトどちらかを付けて生活してます。メガネの方が付けてる時間は多いかな。
46時中付けてると、身体の一部みたいになっててお風呂入ったり寝る時も着けたままになってたり。はたまた、コンタクト付けてるのに、メガネをクイって(メガネのズレを直す動作)やってしまったり。たまに自分でびっくりしてしまいます。
というのも、そろそろ免許の書き換えがあって。メガネを作り直さないといけないないから、ぼんやりメガネの事を考えみたのでした。

最近、バンドで使うエレキを、ストラトキャスターというギターからセミアコースティックギター(以下:セミアコ)というものに変えました。ギターを始めた中学生の頃から、ずーっとストラトキャスターモデルを弾いてきました。が、最近ギターを持ち替えたら、いまいち弾いてる時にピンとこないんですね。セミアコは良い音するんですが、”こう弾くとこう鳴る”という直感的なものが、何故かズレてしまいます。思い通りの音が鳴らないというか。

やはりメガネと同じで、ストラトキャスターも、身体の一部のように自分に馴染んでいたんだなぁとしみじみ思いました。
早くセミアコとの距離を縮めて、思うように音を鳴らせてあげるようになりたいと思います。
セミアコは楽しいですよ。

ご期待あれー!
ではでは、佐伯でしたー!

iPhoneから送信

インプット。アウトプット。佐伯

久しぶりにブログ書きます。どーも、佐伯です。
レコ発も終わり、少しゆったりとした時間を過ごしていました。本を読んだり、CDを色々聴いたり、ご飯食べたり、大仏を観たり。いろんな事を取り入れる時間の中、ぼんやり音楽の事を考えたり。
8〜9月はライブも無く、ゆったり過ごしたんですが。当たり前の様にステージに立ったり、ライブハウスに音楽を聴きに行ったり。そのどれもが、当たり前の様でとっても特別なものなんだな。と改めて実感しました。

あんなに刺激的で、感情が渦巻いててドキドキする事って、普通に生活する中には無いです。少なくとも僕にとっては。

そんな特別な場所で、自分たちの音楽を鳴らせるコト。凄いことです。一回一回をもっと今以上に大事にしいきたいと思ったこの頃でした。

さて、最近はスタジオに入ってあれやこれや色々やってます。僕のギターがストラトからセミアコに変わりそうです。変化がとても楽しい。

先のスケジュールも少しずつ決まってきています。楽しく真摯に想いを込めてカッコよく。良い歌を歌っていきたい。

10月になりました。心して進みます。
iPhoneから送信

塚本みどりさん。の絵を観て。 佐伯

どーも。佐伯です。
   レコ発まで一ヶ月切ったんだなぁ。あと少し。悔いの無いよう。一個一個を大切に生きます。
    凄いものを観たり感じたり食べたりするっと、鳥肌がたちぶるっときます。最近久しぶりにそんな、ぶるっとすることがありました。
    それは、名古屋で活動する絵描きの女のコ「塚本みどり」さんの個展にて行った時のことでした。今度発売される、僕らの2nd mini Albumのアートワーク・デザインもして頂きました。彼女の描く絵はあまりにも素晴らしく。人間の奥底に眠ってる感情を研ぎ澄まして描かれたような、独特なオーラを感じます。色彩も鮮やか。
    そんな彼女が、個展を開催するという情報を得たため、先日ひとりで観に行って来ました。一番の目的は「希望の灯」の原画を観る事でした。
    会場に着き絵を観ていきます。段々とその世界に引き込まれる、中奥の方に「希望の灯」の原画が置いてありました。正直、データ化された画像しか観たことがなく(データでもめっちゃくちゃ感動しましたが)原画は初めてみました。
   圧倒されました。油絵で表面まで浮き上がる絵の具の色たち。グイグイとこちらに、感情を届けてきます。あまりの凄さに呆然と立ち尽くしてしまい、ぶるっと鳥肌がたちました。改めて、今回「塚本みどり」さんにジャケットをお願いして良かったなぁと思いました。

   今度、8/8のレコ発でも物販で小物の販売などもしてもらいますので、ぜひチェックして下さい。グッとくるものがあると思います。

「cafe & bar Domino」に出会って 佐伯

元々あった炉ばた焼きのお店を改装して出来た、岐阜県可児市にあるお店。改装はマスターとその仲間たちだけで行なったそうです。DIY精神のかたまりですね。カッコいい。木の暖かみがあり、ジャマイカを匂わせるオシャレな内装。そして、とっても美味しいご飯。居心地良いんですよねぇ。あ、あとおしぼりがとても良い匂いがします。笑 そこも良いところ。

ドミノに行くようになって、1年くらい経ちました。毎月最終金曜日には、僕やthe Untrueメンバーが弾き語りしたり、即興ソングを歌ったり、とにかく楽しい時間を過ごさせてくれる場所です。

僕はドミノに出会って音楽やライブへ向かう考え方が変わりました。基本的にはレゲェの人達が集まる場所なので、ライブもレゲェアーティストが中心になります。正直アウェイで、僕も最初は「全員俺の歌でぶちのめす!笑 」と、対抗意識と気合いを入れてやってました。でも、レゲェの人達は違うんですね。「今日この瞬間この時間を、ここに集まった全員の人で最高のものにしよう。」そんな、雰囲気でライブをされるんです。
そんなレゲェの音楽や人の雰囲気を感じた時、「負け無いように」とか「ぶちのめす」とか考えてる自分が、何てちっぽけなんだろうと思いました。

個人的には、ライブハウス等の文化は、いかにカッコ良いステージを魅せるか。対バンに負けないか。お客さんを魅了できるか。など、とにかくバンド同士でバチバチ火花を散らしている印象があります。
それは、とてもカッコ良いと思うんですが、果たして勝ち負けにこだわって音楽するだけが、正解なんだろうか?とドミノと出会ってから考えるようになりました。

色んな正解があると思うけど、ライブがあればその夜をいかに楽しいものに出来るかを最近では考えるようになりました。今でも”ぶちのめす!”的な気持ちはあるけど、観てくれた人に”楽しいライブだった、観に来て良かった”と思ってもらえる音楽をしたいなと思ってます。

レゲェは何だか、人間味のある器のデカイ音楽だなぁと感じてます。僕もジャンルは違うけど、器のデカイ音楽をやっていきたいなと思うこの頃です。
上手く言葉には出来ないけれど、とにかくドミノに出会えて良かったなと思ってます。いつも、ありがとうございます。これからもよろしくです。

さて、明日7/4もドミノが自分達で作ったビアガーデンスペースにて、ビアガーデンのプレオープンイベントに参加します。楽しみだなぁ。
8/8もレコ発にて、美味しいご飯を出してもらうから、みなさん楽しみにしてて下さいね。^ ^

ではでは、そんな所で。またねー!