作成者別アーカイブ: furuyama

一気読み

BULE GIANTを一気読みしました。音楽をかじった人間の立場から読むと

「あ〜わかるわかる」

の連続です。

これ描いた人、絶対音楽経験者か、音楽マニアだろっていう描写、言葉がいっぱいでした。
(著者の情報を調べてみたところ、よくわかりませんでしたが・・・)

読んでいくと共感できる部分が多く、

「自分はまだまだ頑張れる」

そんな気持ちにさせてくれる漫画でした。

音楽はやっぱり音が大事
同じドでも同じドじゃない
歌詞や旋律は音楽の一要素でしかない

音楽の面白さを再認識させれくれる漫画でした。

みなさん時間があったら読んでみてください(まだ完結していないけど)

domino2周年イベント!!

本日の更新はhiroがお送りします!

現在cafe&bar domino
の2周年イベントに来ています。

カフェでありながらカフェでない。そんな雰囲気のお店です。
今夏に野外BBQスペースがオープンし、さらに面白い雰囲気を醸し出しています。

野外BBQスペースは入ると異国な感じというか、リゾートな感じがします。
雰囲気とってもいいですね。

宅地に近接しているんですが、お構いなしに大音量で音楽を流しています(笑)

今日は林が一人でライブです。
ちなみに、林のソロは初めて聞きます。

カフェでMBAを使うという、少し前に流行った?おしゃれな感じを醸し出しているhiroでした。

筆記具といえば

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e.jpg

どうも!ストロングの上位種ドストロングです!
かな~り久しぶり。今回は半年ぶり
つまり、新年の抱負以来の投稿です。
フロントの2人は定期的に更新してるけど、完全に不定期更新のレア投稿です。

いやーそもそもそんなにブログに書くネタなんてないですって!
ライブ関係はストロング佐伯とアニマルKが書くからね・・・

ちなみに個人ブログも一応もってます

http://blogs.yahoo.co.jp/full1050

が、超×5
更新してません(笑)
にもかかわらず毎日10人弱訪問する謎。

はい、前置きが長くなりました。
ここからが本番です。

hiroのブログ初登場!
音楽とは関係ないネタ!!!!

筆記具といえば万年筆でしょ!
最近、万年筆にはまっています。

理由:雑誌の付録で付いてきたから

以上。

ウソです。the Untrue(うそっぱち)です。
数年前から使ってます。
職業柄、パソコンで文字を打つよりも手書のほうが圧倒的に多いのですが、万年筆の書き味は別格。ボールペンやマジックとは全然違います。サラサラ感というかカリカリ感がたまらないですね。
赤、青、黒と三種類のインクを使ってます。
ちなみにペン自体は安物です。

書いた文字は独特で、「味」があります。
筆に近い「味」があるともいえるかもしれません。

手書はいいですよ。
人間味があって。

私はデジ物が大好きですが、人間味あふれるものも好きです。
世の中にはデジタルではできないこと、伝わらないことがまだまだありますね。

<オマケ>
スティックケース公開
ファンサービスです(笑)
写真が正常に投稿できないことがあるので見れなかったらごめんなさい。

今年の抱負ver.hiro

 皆様、あけましておめでとうございます。
 本年も継続してThe untrueをサポートさせていただきます。サポートドラマーhiroです。LIVEの時は後の方でひっそり演奏しますのでよろしくお願いします。
 今回のblogでは、ドラマーとしての今年の抱負を述べさせてもらいたいと思います。

その1:ジャズのセッションに顔を出す。
 数年前から少しずつチャレンジしているジャムセッション。忙しかったこともあり、昨年は1度もいけませんでした。「今年こそ」という気持ちでいます。
  セッションから学べることは非常に多いです。セッションでは常に緊張の連続です。緊張といってもお客さんがいるから「あがる」という緊張ではありません。リズムパターンや音量バランス、アクセントなど考えてやらないといけないことが多いので、演奏に集中しっぱなしで気を緩めることができないのです。

「 いかにその場の空気を読むか(あえて読まないか)」

ドラマーとしてというよりも楽器奏者としてのスキルが高まりますね。
  あと、根本的にジャズをやっているドラマーの方々はロックやポップしかやらない方々とテクニックの次元が違うので、「聞いて」、「見て」、勉強になります。

・その2:新しいリズムパターンにチャレンジ
 かなりマンネリ化している部分もあるので、新しいリズム、フィルインは練習したいです。斬新さは求めません。基本的なものがまだまだ習得できていない私です。様々な「基本」をマスターできればと考えています。
 そしてthe Untrueにも応用できたらと思います。応用できるような楽曲ができればの話ですが・・・

ドラマーとしてじゃなくて個人的な抱負は・・・ナイショで(笑)
以上、サポートドラマー hiroでした!

着々と

いよいよ明日から12月、早いもので今年もあと1ヶ月となりました。

12月はLIVEが3本!!
そして平行してレコーディングも行っていく予定でいます。
写真はそんなレコーディングに向けての一コマです。

レコーディングとなるといつも以上に音作りにこだわっていくことになります。特に普段のLIVEハウスではできないドラムセット全体のチューニングを自分の好みや楽曲に合わせてやっていくことになります。
それが楽しいのですが、同時にシビア。
ドラムのチューニングって正解がないだけに難しいです。

ちなみにhiro流の音作りでは、打面が音程感、裏が鳴りの調整としています。
音作り的には裏が肝ですね。我流なため独特な音を醸し出しているカモ?

どんな音かはLIVEにて聞いてください。
LIVE会場でお待ちしています。

ごあいさつ

みなさんこんばんは。そしてはじめまして。はじめてBlogに書き込みをしますサポートドラマーのhiroです。簡単に自己紹介をすると、自分はバンドマンというよりドラマーで、ドラマーというより機材オタクで、機材オタクというより、楽器の演奏するのが好きな人間で、楽器の演奏をするのが好きな人間というより、ただの音楽好き。そんな人間ですね。
 諸事情あって、サポートの文字がついていますが、演奏には全力をつくしていますので、ご心配なく。ちなみにサポートの文字はあと35年ぐらい消えないと思います。
 今回は初めてということで、時事ネタ、音楽ネタは封印し、the Untrue との出会いについて書きたいと思います。

 さて、the Untrueの佐伯、林の両名と初めて出会ってから早、一年が経とうとしています。思い起こせば、出会いは偶然の積み重ねでした。昨年の今頃、私は地元の音楽イベントがないか調べていました。調べていくと、美濃加茂バンドフェスタというものがあることを知りました。動画でも上がってないかと検索をかけたところ2ピース時代のthe Untrueの動画に出会いました。見た瞬間、このバンドで自分がドラムを叩けたら楽しそうと感じました。その際、the Untrueについて調べることはなかったのですが、その後、偶然ドラムを募集していると知り、声をかけました。そして佐伯、林の二人と会って意気投合し、バンドに参加することになるわけですが、何か一つでも欠けていたら、このバンドに参加していなかったと思います。

 社会人になると、出会いってありそうでなかなかありませんね。特にプライベートとなると固定された人間関係になりがちです。自分から新たな出会いを求めて足を動かさないとなかなか変わりません。みなさんもいつもと変わらない人間関係を取っ払って新たな出会いを求めてみませんか?
ライブ会場でお待ちしています。

【ライブ情報】

◼︎11/3(月・祝)@柳ヶ瀬ants
“PRIME TIME Vol.102”
OUTSTANDING/荼毘/proto//the Untrue(acoustic)※vo佐伯の弾き語りand more
【開場】18:00【開演】18:30
【前売】¥1,600【当日】¥1,900
(別途ドリンク代500円必要)
OPEN /START 18:00/18:30 前売/ 当日券 1600円/1900円 (別途ドリンク代500円必要)

◼︎12月7日(日)@柳ケ瀬ants
“RED LINER presents”
『カタオカセブン、リリース公演 “フォークとツアー2014″』
カタオカセブン (東京)/ RED LINER / the audio pool / 小松有希 / Hotels / the Untrue  and more
OPEN /START 未定 前売/ 当日券 2000円/2500円 (別途ドリンク代500円必要)

◼︎12月21日(日) @可児市文化創造センターアーラ 小劇場
【ROCK FILL JAM in ala 2014】
four-tune / DEERHOUNDS / 雲雀HeLL’s / Sparkling / lump / ISAiAS九 / パフパフパラダイス / the Untrue / O-band / ザ・テトラポッド・マヨネーズ
OPEN 12:30 / START 13:00 前売1000円 / 当日1500円